links

     

mobile

qrcode
     
ものが ある ない に こだわらない

むかしは 本とかCDとかDVDとか 手に入れたものが棚に並んでいる光景が

好きで いまも好きなのだけど

 

同じくらい 何も持たないのも 好きになってきた

数年前に一度ダンシャリをしてみたら ものが無くなっていくのが心地よくて

ものはないけど 思い入れがなくなったわけではないので

以外とものがないことが 気にならなくて 作品が好きな気持ちそのままで

なんとなく身軽になった気がして また何かぜんぜん違うものを好きになる

足がかりになりそうだったり ともかく ものがあるのも ないのも

何かしら不安になることもなく 心地よいものだと気付けて 嬉しかった

 

もちろん手元に置いておきたいものは 生涯大事にしたいし

ものを処分したからといって 作品に興味がなくなったとかでは もちろんない

 

 

とてもきれいな おビール

 


まわりをみる時と 一点だけ見てていい時

お仕事いただいた案件の請求書などをお送りするときは メール便とかでなく

郵便でお送りするので いつも切手は常備していて

基本的に記念切手をストックしているのだけど 最近良いな と 思うものが

ことごとく売り切れているので 思い切って オリジナル切手つくってみた

 

ふつうに買うよりもちろん割高にはなるのだけど とっても満足

 

 

 

先日 昔いっしょに働いていた先輩に さらりとお仕事のお誘いを頂いて

自分が今やっていることが とても好きなので お応えできなかったけれど

10年以上昔に数か月一緒に働いていただけなのに そう言っていただけたことを

心の支えのひとつとして 頑張れる気がする 

 

あと すごくさらりとしたお誘いだったので さらりと過ぎて行ったけど

もしかしたら人生の岐路のひとつだったのかもなあ と ふと 思う

 

でも 頂いたお誘いに迷いなくお応えできないほど いまの仕事が好きなのは

とても幸せなことというのを 忘れないよに 日々過ごす


いつも実験

散歩していて ふと 

ああ デザインの仕事してる理由は 写真と絵が好きだからなんだなあと

当たり前のようなことを 思い出した

 

きっかけはCDジャケットつくるひとになりたい てところから入って

それが絵なのか 写真なのか デザインというものもよく分かってないまま

CDジャケットつくるひと=デザイナー みたいに漠然と思ってたけど

19歳くらいのときに 写真の道を目指すのか 絵の道を目指すのか

すこし迷った時があったけど 同時にタイポグラフィにも興味あって

 

写真も絵もタイポグラフィもぜんぶあるのがデザインなんだ と思って

デザイナーの道に進むことがいちばん腑に落ちた感じだったな と

 

まだそんな予定まったくないけど もしデザインの仕事やめたとしても

写真と絵はやめないんだろうな たぶん とおもう

 

デザインが好きだから写真と絵(素材)が好きなのではなくて

写真と絵が好きだからデザインするのが好きなのです

 

 

数年前から 漠然とどうしてもやってみたいと思うことがあって 

今年か来年あたりに 実現したいなと 計画をはじめました 今日


| 1/49PAGES | >>